カードローンでお金を借りる時、自分なりに比較(金利・限度額)してみました

カードローンでお金を借りる時、自分なりに比較(金利・限度額)してみました

カードローン会社 比較

カードローン会社を自分なりに比較してみました。

カードローンは様々な会社が行っておりますが、もし使うのであればどの会社が良いのかを知る為、金利や限度額などを比較してみました。

まず三菱東京UFJ銀行(バンクィック)では金利が1.8パーセントから14.6パーセントまでとなっており限度額は10万円から500万円までとなっております。

次にオリックス銀行金利が1.7パーセントから17.8パーセントまでとなっており限度額は800万円までとなっております。

三井住友銀行は金利が4.0パーセントから14.5パーセントまでとなっており限度額は10万円から800万円までとなっております。

そのほかのカードローンも比較してみました。
みずほ銀行は金利が3.5パーセントから12.475パーセントまでとなっており限度額は10万円から1000万円までとなっております。

楽天銀行は金利が1.9パーセントから14.5パーセントまでとなっており限度額は10万円から800万円までとなっております。

これらの最低金利は借入限度額が多い場合に適応されています。
というのもカードローンは借り入れる金額が多ければ多いほど金利が安くなる傾向にある為です。

ただし必ずしも同じ銀行で同じ借入額を利用したからといって、金利も同じにあるとは限りませんので注意してください。

金利・限度額比較 金利 限度額
三菱東京UFJ銀行(バンクィック) 1.8%~14.6% 10万円~500万円
オリックス銀行 1.7%~17.8% 限度額800万円
三井住友銀行 4.0%~14.5% 10万円~800万円
みずほ銀行 3.5%~12.475% 10万円~1000万円
楽天銀行 1.9%~14.5% 10万円~800万円

カードローン申し込み方法の比較

カードローン申し込み方法の比較
カードローンの申込方法は金融会社によって異なりますが、即日で融資を受けたいのであれば店頭、無人契約機、ネットからとなります。

特に申込方法で比較のポイントとなるのはネットと無人契約機です。

店舗は金融会社によって左右され、全国規模の大手でも主要地域と都市にしかありません。

ネットであれば、時間も選ばず、遠方であっても利用できますので、先ずネットから利用できるカードローンが便利です。

無人契約機に関しては大手の消費者金融の他に、テレビ電話という形で銀行のカードローンで利用できるところがあります。

こちらの利点はその場でカードの発行が受けられることで、その場に備え付けのATMで借り入れることもできます。

ネットの申込ではWEB契約とWEB完結があり、WEB完結では融資から会員登録までネット上で行うことができ、郵送もカードなしというものがあります。

加えてスマートフォンや携帯電話などからも利用でき、必要な書類も画像の送付で対応できますので、いつでも、どこでも利用できます。

カードローン会社を体験談で比較しよう

カードローン会社を体験談
以前は消費者金融が主流だったキャッシングですが、銀行や信販会社もカードローンという形で加わり、現在では多くの会社が存在します。

どの会社のカードを選んだらよいのか分からなくなりそうですが、口コミの体験談を比較すると選びやすくなるでしょう。

口コミで高い評価を得ているのが、三菱東京UFJ銀行のバンクイックです。主婦でも審査に通った、提携先ATMならばコンビニからでも利用でき手数料が無料で便利、金利が低い、相談のできる返済サポートが助かるなどの体験談が寄せられています。

消費者金融のアコムも人気です。女性専用の相談窓口レディースナビの存在が嬉しい、クレジット機能がついているものならカードを複数持ち歩かなくて済む、審査結果が出るまで早くすぐに融資を受けられるなどの体験談があります。

古くから評価の高いオリックス銀行カードローンだと、月々7千円からの返済が利用しやすい、車など他のローンと一緒に利用することができるなど、利便性のよさを評価する口コミが目立ちます。

電話なしのカードローン比較

カードローンを借りる際には、ほとんどの会社は審査時に在籍確認が行われます。

この在籍確認は、カードローンを申込んだ人の勤務先にその人が、本当に働いているかの電話が会社から掛かってきます。

しかし、在籍確認の電話といっても、個人名で電話が掛かってきますので職場の人に怪しまれる事は、ありません。

しかし、どうしても電話が掛かる事が嫌な人は、電話なしの会社もあります。

インターネットでカードローンの会社の比較サイトを検索すれば多くのサイトが表示されます。

その中から電話なしの会社を比較して、利子が低く利便性の高い会社を探す事が大切です。

電話なしの会社なら何処でもいいという適当な選び方をすると、後で利子が高かったや利便性が悪いなどの出来事が起こります。

比較する事で、利子の安い会社や利便性の高い会社を探す事が出来ます。

お金を借りたら当たり前の事ですが、返さないといけないので出来るだけ条件の良い会社を利用する事が大切です。

土日融資可能なカードローンを徹底比較

土日でも融資が可能なカードローンは、ここ数年の間で急増しており、不規則な生活を送っている社会人にとっても理想的なサービスとして位置付けられています。

こうしたサービスを利用するにあたっては、複数の業者の特徴を徹底的に比較することによって、良心的な借入先について理解を深めることができます。

例えば、貸付金利が低めに設定されているところに関しては、顧客に対するサービスが行き届いており、丁寧な対応が魅力として挙げられます。

カードローンのメリットについては、今や多くのサラリーマンや自営業者の間で話題に上ることがありますが、何よりも速やかに融資をしてくれることに対して興味を持つ人が目立っています。

土日でも融資が可能なカードローンは、従来のものよりも審査が厳しい傾向がありますが、社会的な信用能力が高い人にとってはスムーズに融資を受けることができます。将来的にも、こうしたサービスを好む人がさらに増えることが見込まれます。

カードローンとクレジットのキャッシングサービスの違いを比較

キャッシングサービスを利用する方法として、カードローンで借りる方法と、クレジットカードに機能が追加されているキャッシングサービスを利用する方法が主流ですが、両者を比較した場合、まず金利の違いがあります。

大手消費者金融のカードを使ったキャッシングサービスの場合はクレジットカードの金利とほとんど違いがありませんが、これが銀行のカードとなると圧倒的に金利が低く設定されていますので、返済額に大きな差が生じます。

さらに返済方法に関しても、注目すべき点になります。多くのクレジットカードのキャッシングサービスでは、返済日が固定されていますが、カードローンでは返済日以外でも好きなタイミングで返済できるサービスがよく見受けられます。

返済までの日数が少ないほど、かかる利息が少なくなりますので、早いタイミングで返済のできるカードローンの方が利息を抑える工夫が可能となっています。
この両者の違いをよく覚えておき、上手に借り入れを行いたいものです。

カードローンの一括返済とリボの利息を比較

カードローンはキャッシングを便利に借りられるようにしたもので、銀行や大手貸金業者などで広く取り扱っているサービスです。

借り入れを行うと、期日までに返済する必要があります。

返済方法には一括返済とリボ払いが用意されており、両者の利息の比較をしてみますと、30万円を1ヶ月で一括払いをした場合、年利14.6%に設定の銀行で303650円、年利14.5%の銀行が303575円の返済額になります。

これがリボ利用で30万円を2年間で返済する計算になると、年利14.6%の銀行が月々10340円の返済で総額372256円、年利14.5%の銀行が月々10326円の返済で総額371733円になります。

リボ払いの月々の返済額は確かに安いですが、回数が多くなるほど返済額の利息が何万円も高くなってしまうことになりますので、返済する余裕があるのなら、できるだけ一括返済を利用すると、少ない利息でお得に借りられるようになります。

カードローンを比較するポイント:atmでも返済できるかどうか

カードローンを選ぶ際に金利や返済方法と並んで大切なポイントとなるのが提携しているatmです。

atmの比較では提携先と提携数もさることながら、返済や借入の際に手数料が必要となるのかも重要になります。

返済に関してはネットから、手数料無料で利用できるものも少なくありません。

しかし、それはネットバンクやダイレクトバンキングからの利用なら便利ですが、利用していない場合はatmの便利さと手数料にこだわるのがおすすめです。

1万円以下で108円、1万円以上で216円掛かるので、複数の利用を想定すると大きな金額にもなります。

提携先がコンビニで手数料の掛からないところと、掛かるところがあります。

また、利用時間も限定となっている場合や利用金額もまちまちです。

カードローンの多くはコンビニを提携先としていることが多いのですが、比較する際は自宅近くなど生活範囲の中で利用しやすいところ提携しているかをポイントにおきます。
また、地方銀行などとも提携しているカードローンもありますが、全国規模で捉えるとコンビニでの利用が中心になります。

女性も安心なカードローン比較

カードローンを組む際は女性の場合は収入に合わせた形で組むのが理想とされています。

というのも、収入が少ない人が高額な買い物を行いカードローンを組んでしまうと返済が滞るなどのリスクがあるからです。そこで、様々な金融機関を比較した上で一番金利が安く返済の目処が立てられやすい金融機関を選びローンを実施すればトラブルに巻き込まれること無く返済を実行出来ることが出来ます。

女性がローンを組んで買い物をすることと言えば高級な服、独身の方はアパートなどの物件購入、はたまたオフィスビルを一括で購入される方がいます。

女性もお金の使い方が様々な人が多いことから、用途に合わせてローンを組むことが求められます。

年間の自分の収入を正確に把握すること、ローンを組んで買い物をする際は金融機関を慎重に選ぶこと、初めてカードローンを使用する際は過去に経験ある人に相談に乗ることなど実行する前に行うことが多くあります。それらを行った上で失敗すること無く実行出来ます。

当日でも借りれるカードローンを比較

当日のうちに借り入れが可能なカードローンにはたくさんありますが、条件面などを考慮するといくつかのカードローンに絞ることが可能です。

代表的な二つのカードローンを紹介し、比較していくこととします。一つ目はプロミスです。

審査は最短30分であり、ネットであれば24時間365日申し込みが可能です。50万円以下の場合には原則として収入証明書の提出は必要ありません。

金利は実質年率で4.5パーセントから17.8パーセントとなっています。二つ目はアコムです。2014年の10月から無利息のサービスを開始しており、初めての人は最大で30日間利息が無料になるためお得です。24時間いつでも申し込み可能で、ネットからの申し込みで契約時間を短縮することが出来ます。

三菱東京UFJ銀行と提携しているため、この銀行のATMを使用することが可能です。独自の審査方法をとっており、審査の通過率は他のところよりも高い数値になっています。

カードローンで繰り上げ返済をした際の利息の比較

カードローンで繰り上げ返済をすることにより、利息の負担を軽減することができるため、少しでも経済的に余裕ができた場合には、積極的に借入先に相談をすることが勧められています。

カードローンの利息を比較する際には、各業者の貸付金利に着目をすることが重要であり、出来るだけ多くの業者のウェブサイトやパンフレットなどを読み込むことが大切です。

繰り上げ返済をしたい場合には、各業者のシミュレーションなどを利用することにより、最新の利息額をチェックすることができるため、仕事や家事などの合間の時間を使ってしっかりと知識を身に着けることが求められています。

カードローンを取り扱っている業者は、国内にたくさん存在しているため、時には口コミなどを参考にすることで、人気のある業者を把握できます。今後も、借入先の選び方に興味を示す社会人がますます増えることが予想されており、各業者の取り組みに対して大いに注目が集まっています。

▲ページトップに戻る