引っ越し費用がない!敷金・礼金・仲介料の出費からの引っ越し代金!引っ越し費用を安くする方法とお金について

引越しにかかる費用

引越しをする場合に、さまざまな費用がかかります。

もちろん引っ越し業者に依頼する料金もそうなのですが、転居をすることになりますので部屋を借りるお金もかかります。

敷金や礼金、仲介手数料、火災保険料などを含めると家賃の6カ月分程度はかかると考えたほうがいいでしょう。

引っ越し費用を考えている今ということであれば、もす、部屋は決まっていると思いますが

引越し業者の金額は、大手、中小、赤帽など、お願いする業者によって、かなり開きがあります。

もちろん、見積りは無料で行ってくれますので、複数の業者を比較して一番安い業者を決めることができますが、

時期によってもその金額は左右し、転勤や新入学などの引っ越しシーズンは、オフシーズンの2倍・3倍となります。

オフシーズンだとしても、土日の週末は料金がありますし、その金額に高さに悩む人は多いと思います。

さらに、自宅にピアノなど大型のものがある場合は、別途オプション料金がかかります。

バイクなどの輸送も別途料金がかかります。

引越し

引越し費用の落とし穴

お金の動きは、これだけに新居費用・引っ越し費用に収まりません。

転居先で使う家具問題です。

今住んでいる住居で使っている家具や家電を、当初は、そのまま使うから買い替えないと思っていても、実際に転居してから部屋のサイズ感に合わなかったり、また雰囲気が違ったりすることで、引っ越しを機に、結局買い替えることも多々ありますので、ある程度計算に入れておいたほうがいいでしょう。

引越し費用を安くする方法

引っ越し費用を安くには

  • 出来る限り自分でやる
  • 荷物を減らす
  • 引っ越す時期を考える
  • 引っ越し業者選び

ざっくり、上記が考えられます。

出来る限り自分でやる

引っ越し費用を根本的に安くするのであれば、自分でやること。

梱包も引っ越しも・・・。

友達に協力してもらい、自分もしくは友人の車で引っ越しはいかがでしょうか?

車がなければ、レンターやカーシェアなどで用意する形も可能です。

ただ、一人暮らしであれば、これは可能かと思いますが、ファミリーとなるとやはり、業者頼みになります。

引越し費用を安くする方法

荷物を減らす・引っ越しは絶好の断捨離時期

引っ越し費用は、運ぶ荷物の量、段ボールの数に比例します。

要するに、捨てられるものは捨てる、断捨離を行うことで運ぶ荷物を減らすことで引っ越し費用を安くできるのです。

【ポイント】
引っ越し業者に見積もりをお願いする場合、現状居住している生活環境をそのまま引っ越し荷物として見積もりを出します。
よって、業者には、捨てるもの、持っていかないものをしっかり伝えることがポイントとなります。

引っ越す時期・曜日で安くする

こちらは先ほど少し説明しましたが、
引っ越し需要が高い時期・曜日は引っ越し料金が上がります。

2月・3月は引っ越しの繁忙期ですので、この時期、さらに週末の引っ越しとなると通常の2倍3倍ではきかないと考えたほうがいいでしょう。

ズラせるのであれば、繁忙期を外し、平日の引っ越しが賢い選択でしょう。

【ポイント】
引っ越し業者も本来は定率の料金で引っ越しを請け負いたいと考えています。
しかし、繁忙期は人が足りないほどの依頼になるため、料金を上げざるを得なく、逆に閑散期は安くしてでも仕事を取りたいという状況です。
よって、見積もりを出してもらう場合は、1週間、2週間ずらした場合の日時など複数の日時を出すことでその見積額を安くとることができるでしょう。

引っ越す時期

引っ越し業者の選び方

引っ越し業者は、テレビCMをするほどの大手から、聞いたこともないような業者まで、運動業というくくりで言えば多数あります。

有名なほど料金が高く、仕事がきっちり、丁寧ということになるのですが
聞いたこともない知らない業者だからと言って仕事が雑ということでありません。

引っ越し業者の選び方は、引っ越し業者の一括査定で、複数の業者から見積もりをもらい、

その相場をもとに、業者との値切り交渉で安くするのをおすすめします。

10万程度の差は簡単に出ますし、スタッフとの相性も確認しながら、業者選定を行うとよいですね。

一時的にキャッシングで引越し費用をまかなおうのもあり!

引越しとなると、引越し費用だけでなく部屋を借りるための敷金や礼金といったお金、それから生活用品や家具や家電も買い直すなどいろいろと出費がかさんでしまうことを紹介しました。

となれば、ある程度の貯蓄がないと引越しをすることができないということになります。

いろいろと費用がかかるので、余裕があるときに引っ越しができればいいのですが就職や転勤などどうしても転居をしなければならない状況もあります。

そういったときにお金がありませんので引っ越しできないではいけませんので、そういたときはキャッシングで引越し費用をまかなくことができます。

忙しい時期であってもインターネットから申し込みをしてメールで結果も受け取れ、ネットで契約手続きができます。

引越し費用は一括で支払わなければなりませんが、キャッシングは分割で返済することができますので、負担が少ないもの便利ですね。

お金を借りるならここ!

プロミス

プロミス
はじめての方、初回の利用翌日から30日間無利息!
審査は最短30分!最短1時間融資も可能
20歳以上69歳以下で安定収入があれば学生でも主婦の条件でも申込可能、50万円まで所得証明不要
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
実質年率:4.5%~17.8%
限度額:1~500万円
今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ

アイフル

アイフル
利用限度額が50万円以下、借入総額が100万円以下の場合、収入証明不要で借り入れ可能。
30日間無利息。
インターネットから申込み、来店不要で即日融資可能。
今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ

モビット

モビット
年利:3.0%~18.0% 限度額:800万円まで  
即日融資:平日14:50までの振込手続完了で当日口座振込可(審査結果により不可の場合有)
*20歳以上69歳以下の方、そして安定した収入がある方。
実質年率:3.0%~18.0%
限度額:1万円~800万円
今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ

引っ越し費用をキャッシングでまかなうなら無利息キャッシングがおすすめかも
>> お金を借りるならはこちら <<

引っ越し費用借りる

引っ越しでお金を借りるときの住所は新住所?

引越しはライフスタイルや仕事によっては急に必要となるケースもあり、その費用を一時的な借入で賄うというのは賢い選択と言えます。

ただ引越しをすると前後で住所の変更が伴いますから、どちらの住所登録で借入を行えば良いのかという疑問は生じます。

結論を言えば、引越し費用の為にお金を借りる場合には引越し前の住所で行うのが望ましいと言えます。

引越しの為にお金を準備する訳ですから実際の住所移動は借入後となるので、その時点での居住地を旧住所で申告するのは本質的にも筋が通ります。

また特に新規の契約でお金を借りる場合には、審査段階である程度の居住期間があった方が有利に働くケースもあるので、引越し前の住所を申告すべきと言えます。

既に契約している業者からの借入であっても、旧住所のままで借入を行って問題はありません。

契約内容によっては用途を聞かれる事もありませんから、借入で費用を賄って実際に引越しを行った後に住所変更手続きを行った方が、行政的な手続きとも合わせて問題が起き難いので望ましいと言えます。

引越しでお金を借りた人の体験談
引越しに思った以上にお金がかかったのでキャッシングでお金をかりました

アパートから中古の一軒家に引越しました。
人気の物件で、他にも購入を考えている人もいると聞いたのですぐに契約(;´・ω・)
引っ越し費用はある程度貯金をしていたので大丈夫!と思ったけれど、土地の名義変更、契約などの費用が予想外にかかりお金が足りなくなってしまいました(´;ω;`)
すぐにお金が必要だったので、親に借りようかと主人と相談した結果、やっぱり気が引けると断念。
キャッシングならすぐにお金を借りられるとネットの口コミを見たので、無人契約機を利用したんです。
審査も超簡単。無人契約機のタッチパネルを操作して順序通り手続きを行うだけ。
その後、オペレーターからTELがかかり聞かれた質問に答えるだけです。
運転免許証などがあるとよりスムーズに審査が終わりますよ。
カード発行されて、即日希望の金額を借りる事が出来ました(〃艸〃)本当に助かった!

引越し代金以外に、引越し先に家具や駐車場料金など急な出費でキャッシングでお金をかりました

以前引越しを行った時にカードローンの申し込みを行った事があります。
申し込み額は30万円の少額ではありますが、ネットで申し込みが出来る、ウェブで契約を結べる、即日融資を受けるチャンスもあるなどのメリットがある事を知り利用しました。
また、カードローンはお金の使い道が自由になる便利なローンだと言う事も知ったので、これは申し込みをしても良いだろうと感じたのです。
お金の使い道は、引越し先で使う家具類の購入資金と駐車場料金などでしたが、カードローンを利用した事で、家の中の収納スペースが増えるなどのメリットがありますし、マイカーを所有していたので駐車場料金の支払いが出来たなど、便利なローンがあるものだと感心しました。

お金の工面の方はこちらから確認できます

▲ページトップに戻る