レイクでお金借りる時に必要な身分証明書とは

レイク お金借りる

消費者金融や銀行をはじめとする金融機関でお金を借りる際には、本人を確認できる身分証明書の提出は必須です。

金融機関としても、身元が判明しない人にお金を貸し出すことはできませんので、まずは本人確認書類を用意することからはじめましょう。

消費者金融大手のレイクで必要な本人確認書類の代表的なものは運転免許証です。

もし運転免許証を保持していない場合は、国民健康保険や社会保険などの保険証やパスポート、さらには在留カードや特別永住者証明書なども本人確認書類として有効です。

ただし本人確認書類に記載されている住所が現在の住所と異なる場合は、発行日から6ヶ月以内の住民票の写しや公共料金の領収書など、現在の住所が記載されている書類を提出する必要があります。

なおレイクではインターネット上で申し込みを行った人を対象に、電子メールで本人確認手続きをすることが可能です。

身分証明書の両面を携帯電話やスマートフォンのカメラで撮影し、メールに添付して送信すればいいだけですので、この方法なら非常に簡単に手続きを進めることができます。

.

消費者金融申し込みと返済方法

消費者金融への申し込み手続きは、特に難しいことなどはありません。ただし申し込み手続きは簡単でも、審査も簡単に通るというわけではありません。申し込む人の属性が極端に低いようであれば、審査に落ちてしまうこともあると心得ておかなければなりません。

また、消費者金融から借り入れを行うと、当然のことながら元金に利息をプラスして返済しなければなりません。その返済は、通常は何もしなければ自動的に毎月のリボルビング返済となります。それはどちらかというとミニマムペイメントに近い返済方法となりますので、あまり効率的な返済とは言えません。

ただし消費者金融の返済は、通常、リボルビングでなければならないという決まりなどはありません。自分さえその気になれば、翌月の一括返済でもいいのです。

このような短期間での一括返済こそは、効率的で理想的な返済方法だと言えます。何しろ借りてもすぐに返し終えるのですから、利息の支払い負担も最少程度で済むのです。それはお金を借りる側からすれば、とても経済的な借り方なのです。

▲ページトップに戻る