キャッシングの審査に落ちた場合、他社で申し込んでもだめなのか?審査に落ちた原因・対応策を解説

キャッシングの審査に落ちた場合、他社で申し込んでもだめなのか?審査に落ちた原因・対応策を解説

キャッシングの審査に落ちると、非常にガックリ来ます。

切羽詰まった状態ですから、自分自身で考えたスケジュールが、一気に壊れることでしょう。

そこで、審査の状況を色々な方面から考えました結果、元業界人からのインタビューから面白いテクニックを紹介されましたので、キャッシングの審査の基礎と共に紹介します。




キャッシングの審査とは

キャッシングの基礎中の基礎ですが、
キャッシング契約をするためには、まず最初に審査を突破する必要があります。

消費者金融や銀行など、キャッシング、カードローンを取り扱っている選択肢の中から任意の選択をし所定の申込方法にそって手続きを進めていきます。

必要事項を提出し、さらに個人情報機関に登録されている情報なども参考にしながら審査が行われます。

審査では、
「貸付けを行っても大丈夫な人物なのかどうか」を評価しているわけですが、主に年収による評価が行われます。

詳細、明確な審査内容は公開されていませんが、これまでに利用した人の体験談や元業界人からのリークなどを基にして、おおよその基準は公開されています。



キャッシングの審査に落ちた

お金を借りるときの審査で見られること

審査項目が明確ではありませんが、
主なポイントは

  • 年収
  • 勤務先
  • 勤続年数
  • 債務状況
になります。

年収は、大いに越したことがありませんが、年収の多さがそのまま審査通過率に直結するとは限りません。

いくら年収が多くとも、債務状況が悪ければ審査で落ちてしまう可能性が高くなり、年収が少なくとも債務状況が良好な場合は審査通過の可能性が高くなることもあります。

それでは、細かく見ていきましょう。



お金を借りるときの審査
個人情報

本人情報、勤務先情報、債務状況がチェックされます。

本人氏名、年齢、住所や電話番号といった項目は、事実確認程度ですが、電話の種類(携帯電話のみ、固定電話のみ、両方)によって評価が多少変わります。

携帯電話のみよりも固定電話、さらに両方の連絡手段を持っている方が評価が高くなりやすいです。

一度審査に落ちた人は、電話番号を固定電話にすることで、審査が通る場合があるということです!!

再度、キャッシングの申し込みをしてみましょう

お金の工面の方はこちらから確認できます






勤務先情報に関しては、勤務先の社会的信用や将来性、年収などが評価されます。

ただ、極端に大きな影響を与えるというものではありません。

ただし、極端に収入状況が不安定になる可能性がある場合(歩合給や成果給の割合が大きいなど)は、審査に大きな影響を与える可能性があります。むしろ、それよりも債務状況の方が大きな影響を与えます。



借入れて・支払い状況

債務状況の内、借入総額は比較的大きな要因です。

総量規制対象のカードローンでは、それによって具体的な融資上限金額が決定するため、状況を正確に把握しておくことが大切です。

例えば、年収200万円の人が50万円の借入れを希望している場合には、債務が0~10万円程度なら契約の可能性がありますが、すでに20万円以上の借入れがある状況では、希望する50万円の契約ができる可能性がほぼなくなってしまいます。

債務額自体も大きな影響を持ちますが、同時に「返済状況がどうなっているのか」も大切です。

総量規制の範囲内に収まっている状況であっても、過去に返済の遅延や延滞などが頻繁に起こっているような場合は、他の要因に関係なく審査で落とされてしまう可能性が高まります。



金融事故

過去に自己破産や債務整理などを行っている場合、もしくは滞納と呼ばれる状態になっている場合などは、「リスクの高い人物」という判断になることが多いので、年収などの項目に関係なく審査で落とされる可能性が高くなります。



金融事故で審査に落ちた

総量規制とは?

また、特に総量規制に関する影響を考慮することが大切です。

総量規制とは、貸金業法に基づくカードローンを利用する場合に、年収に対して借入れ上限が制限されます。

貸金業法は、消費者金融や信販系などのカードローンに関係する法律で、一般的に知られているカードローンは関係する法律です。

銀行系カードローンを利用する場合には、総量規制による具体的な借入制限は行われませんが、かと言ってまったく関係がないということではありません。

法律による制限はありませんが、多くの状況で総量規制の範囲を加味した上限金額が設定されることになるため、審査申込みの段階で「いくらなら借りられるのか」を考慮することが大切です。





お金を借りるときの審査に落ちやすい人のパターン

お金を借りるときの審査に落ちる人のパターンは上記から

  • 年収が少なく

  • おおむね安定した生活ができる状況ではないと判断される人

  • 総量規制の上限までの余裕が少ない人

  • 金融事故を起こしてから所定の期間を経過していない人

  • 返済状況が良くない人

などは落とされる可能性が高くなります。

また、もう一つのポイントとして、「申し込みブラック」があります。

申込みブラックは状況に関係なく起こり得る状態なので、そうならないように心がけることが大切です。



借入額が多い

主に総量規制による影響ですが、余裕がなくなるほど審査突破が難しくなります。

また、総量規制の範囲内であっても、借入額(債務総額)が大きくなるほど落ちる可能性が高くなります。



借入件数が多い

借入件数は、多くなるほど審査で不利になります。
1件100万円の債務を負っている状態と、2件から50万円ずつの債務を負っている状態、10件から10万円ずつ債務を負っている状態では、順に審査が厳しくなります。



借入件数が多い場合

遅延・滞納

数日程度の遅延ならそれほど影響がないこともありますが、だとしても頻繁に遅延が起きている場合には落とされる可能性が高くなります。
また、延滞や滞納の履歴がある状況は、審査が非常に厳しくなります。



収入が不安定

年収1000万円の人でも、毎月90万円の給料を得ている場合と500万円ずつ2回しか給料をもらえない場合では、評価がまったく変わります。



キャッシング体験談
キャッシングの審査に落ちたので別の会社に申し込みました
大学を中退した後、しばらくの間派遣社員として働いていました。夜勤もやっていたので、月収は30万円前後でしたが、銀行のキャッシングの審査には落ちてしまいました。原因は教えてもらえませんでしたが、クレジットカードで過去に延滞をしたことが関係している可能性がありました。また、派遣社員であり、勤続年数が1年未満だったことも理由だったのかもしれません。

銀行の審査に落ちたので、大手の消費者金融で申し込みをしてみることにしました。すると、限度額30万円であっさりとお金を借りることができました。大手の消費者金融のほうが審査が柔軟になっているという噂は本当でした。その半年後に限度額を40万円に上げることもできました

100万円借りるのにカードローンの審査に落ちたのは勤務年数が足りなったようです。1年後審査に通りました
自動車の購入費用を用意するため、足りない分としてカードローンを利用して100万円のキャッシングをしようとしたときのことです。
私が申込みをしたカードローンは、比較的申込み要件が緩く、また限度額を100万円として申込みをしたので、収入証明書類の提出も不要ということで、らくらく審査を通過できると思っていたのですが、審査落ちをしてしまいました。
その原因について、インターネットなどで調べてみると、どうやらキャッシング審査の際には、職場での勤務年数が重要視されるらしく、当時転職したばかりだった私は極端に勤務年数が短いという理由で落とされてしまったようでした。
その後1年間勤務年数を積み重ねてから、再度申し込みをすると、無事にカードローンの契約ができました。


▲ページトップに戻る