「即日融資」が停止になるのか?「即日融資」がなくなるのか?

「即日融資」が停止になるのか?「即日融資」がなくなるのか?

即日融資停止

即日融資について、気になるニュースが流れた。
即日融資は、緊急にお金が必要な時に、審査基準をみたし、必要書類を用意することでお金を借りることができる便利なシステムですが、これが、中止になる恐れがあるとのこと。

具体的には

 国内銀行が来年1月からカードローンなどの個人向けの新規貸し出しに関し、即日の融資を取りやめる見通しとなったことが15日、分かった。

即日融資の取りやめは、借り手の情報を警察庁に照会する仕組みを導入して、暴力団員ら反社会的勢力との取引排除を徹底するのが狙い。運用が始まれば、融資審査には数日かかるようになるという。

これにより、拡大の続いたカードローン利用が縮小に向かう可能性もある。

とのこと。

記事の内容では
金融行政の課題などをまとめた「金融レポート」では、
銀行カードローンの審査体制が不十分などと指摘する方針らしく、
銀行が債務保証をする消費者金融に審査を依存していることを問題視しており、融資の際に顧客の収入や他の金融機関からの借り入れを考慮していないこともレポートで指摘する見通しだとしている。

さらに、
家族からの申し出等で、新規貸し出しができないようにする「貸付自粛制度」の導入も検討している模様とのこと。

即日融資停止

即日融資が停止・廃止になったら?

これによって、どのようなことが考えられるだろうか?
そもそもお金は、実入りの範囲内で生活し遊びのが好ましい。

社会人であれば、給料の中で、家賃、光熱費、携帯代金、交際費、貯金と計画的にお金を使い
専業主婦であれば、夫の給料で生活・食費・保険・遊興費・貯金をこなすのが理想である。

しかし、お金は常に予定通り入ってくるものではなく、逆に計算通り使われていくわけではない。

給料が減ったり、ボーナスがなくなったり、急な出費(冠婚葬祭・医療費)でお金の計算が立たなくなることもある。

そんな時に、今回の即日融資が廃止となると、
審査に時間がかかり、場合によっては第三者の承認も必要となり、お金を借りにくくなるということである。

住宅ローンや車のローンのような、多額の借入の場合はしっかりした審査が必要であるが、
今回のことで仮に5万円借りたいと思った場合でも、即日でお金を借りることができなくなるというわけだ。

お金がいざ必要という時に調達できないという事態をあらかじめ予知できるか?

たぶん、みんなできないだろう。

お金が必要だ!ピンチだ!という時に気づくものだと思う。

サラリーマンで言えば、リストラを言い渡されるまで、リストラのリスクを考えることはない。

恋愛も一緒。
別れを告げられるまでは盲目だったりする。

だからこそ、
今回のようなニュースに敏感な人は、あらかじめキャッシングのカードだけ持っておくことが最高のリスク管理ではないかと思う。

審査が通って申し込み完了していれば、いつでもお金を借りることができる。

いざという時の救世主になるわけです。

いざという時のためにカードを発行しておくなら・・・

プロミス

プロミス
はじめての方、初回の利用翌日から30日間無利息!
審査は最短30分!最短1時間融資も可能
20歳以上69歳以下で安定収入があれば学生でも主婦の条件でも申込可能、50万円まで所得証明不要
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
実質年率:4.5%~17.8%
限度額:1~500万円
今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ

アイフル

アイフル
利用限度額が50万円以下、借入総額が100万円以下の場合、収入証明不要で借り入れ可能。
30日間無利息。
インターネットから申込み、来店不要で即日融資可能。
今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ

モビット

モビット
年利:3.0%~18.0% 限度額:800万円まで  
即日融資:平日14:50までの振込手続完了で当日口座振込可(審査結果により不可の場合有)
*20歳以上69歳以下の方、そして安定した収入がある方。
実質年率:3.0%~18.0%
限度額:1万円~800万円
今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ

▲ページトップに戻る